ご案内

メッセージ

所属長から入職をお考えのみなさまへ
所属長

所属長

理学療法士

納得できるリハビリテーションを。

私たちは地域の基幹病院として急性期、維持期、終末期と幅広い疾患の方へのリハビリテーションを展開しています。地域のニーズにも応えるために訪問リハビリテーション事業や介護予防事業も展開しており、地域のリハビリテーション専門職としての責任を果たすべく取り組んでいます。 あらゆるライフステージに対応し、充実したリハビリテーションサービスを提供できるよう、各部門・班においては積極的に教育・育成を行っています。 当院には約70名のリハビリテーション専門職が在籍しています。それぞれが自身の強みを磨き、仲間と高め合う風土も定着してきました。
患者さま利用者さま、ご家族、そして地域のために。 私たちはこれからも歩み続けます。

運営方針

急性期から在宅まで心で繋がるリハビリテーションを提供します

運営目標

常に患者さまを中心としたリハビリテーションを提供するため、以下を目標に掲げています
  1. 専門性の構築
  2. リスク管理への取り組み
  3. チームアプローチの推進
  4. 入院早期から退院後の在宅/施設生活を意識した取り組み
運営目標

施設基準

リハビリテーション室面積 275㎡(運動療法室208㎡、生活行為支援室37㎡、ST室①17㎡、ST室②③6.5㎡)

運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ) 心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)、廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)、がん患者リハビリテーション、訪問リハビリテーション、呼吸ケアチーム加算、PT協会生涯学習制度臨床指導施設

職員構成(2021年4月現在)

業種人数
理学療法士(PT)55名
作業療法士(OT)8名
言語聴覚士(ST) 7名
マッサージ師1名
事務・助手5名
合計76名

施設紹介

私たちが働く職場をご覧ください。
リハビリテーション室
リハビリテーション室
生活行為支援室
生活行為支援室
言語聴覚療法室
言語聴覚療法室

アクセス

Google Map

都心からのアクセス

都心からのアクセス

新座志木中央総合病院 院内マップ