退院前訪問指導

当院は急性期の病院ですが、自宅退院する方も多くいらっしゃいます。退院直後の生活ではそれ以前と比べて、患者様の身体能力や動作方法が大きく変化する事もあります。そこで、退院前に患者様と一緒にご自宅へ伺い、実際に動作を行っていただきます。退院支援担当看護師・リハビリテーションスタッフをはじめ、ケアマネージャー、福祉用具の業者など様々な専門職の視点から評価を行います。患者様・ご家族の希望を踏まえたうえで、ご本人の能力、ご家族の介助状況に合わせた「安心・安全」な生活環境を提案しています。

褥瘡委員会

週1回病棟ラウンドと月1回カンファレンスを実施しています。
医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士のチームで構成され、院内の褥瘡ケアや再発の防止を目的に取り組んでいます。その中で、リハビリテーションスタッフは、対象者のポジショニング・ADLの評価、リハビリテーション依頼の検討を中心に関わっています。

IMG_1984

糖尿病教室

年に4回、外来の糖尿病患者様とそのご家族、入院中の患者様や糖尿病について興味がある方を対象に糖尿病教室を開催しています。リハビリテーション科からは、糖尿病の予防や運動習慣、血糖コントロールの安定を目標に「運動療法」について講義を行っています。
チームメンバーは医師、糖尿病認定看護師、薬剤師、管理栄養士、総務課、理学療法士です。
 

栄養サポートチーム(NST)

NSTとは医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士をはじめとした各専門スタッフが、それぞれの知識や技術を出し合い、最良の方法で栄養支援するチームのことです。STは、週1回病棟のラウンドと月1回の会議に参加し、看護師や栄養士と連携を取りあいながら、摂食嚥下機能に応じた食形態等、栄養摂取法の提案を行っています。

認知症ケアチーム

平成28年度よりチームが発足しました。週1回の病棟のラウンドと会議を実施しています。
神経内科医師、認知症看護認定看護師、栄養士、社会福祉士、作業療法士のチームで構成されています。
認知症による行動・心理症状や意志疎通の困難さがみられ、身体疾患の治療への影響が見込まれる患者様に対し、多職種が適切に対応することで、認知症の悪化を予防し、身体疾患の治療を円滑に受けられるように支援しています。リハビリテーションスタッフは、認知症状の評価やBPSD予防の為の対応方法・環境調整の提案、リハビリテーション依頼の検討を中心に関わっています。

市民公開講座

平成25年度から開始しました。多くの住民の方に参加して頂いています。
平成25年度テーマ 「 腰痛の運動療法」
平成26年度テーマ 「 転倒予防」
平成27年度テーマ 「骨粗鬆症」
平成28年度テーマ 「膝から始める健康づくり」、「誤嚥性肺炎予防」
平成29年度テーマ  「糖尿病」

図8

介護予防事業

新座市委託事業 二次予防事業 通所型

平成27年度より新座市二次予防事業の業務委託を受け、地域の高齢者の方に対して、介護予防に関する運動・講座等を実施しています。理学療法士作業療法士言語聴覚士・看護師など様々な職種で連携して行っています。

新座元気推進員フォローアップ講座

住民主体の通いの場への支援

埼玉県地域包括ケアモデル事業・自立支援型地域ケア会議

平成28年度より、埼玉県のモデル事業として、自立支援型地域ケア会議が開始され、埼玉県作業療法士会・埼玉県理学療法士会からの要請により当院の作業療法士理学療法士が参加しています。

認知症カフェ『こぶしカフェ』

平成29年9月27日より、新座市の委託を受けて、認知症カフェ『こぶしカフェ』を開催しています。作業療法士が中心となって、院内の多職種だけでなく、地域の専門職の方と連携して、開催に至りました。毎月、第3月曜日13:30-16:30(13:15受付開始)、病院近くの建物ワイズプルミエ2階で開催しています。
認知症カフェは、認知症の方、そのご家族、また住民の方どなたでも参加でき、集う場です。ぜひ、ご興味ある方はお越しください。また、お手伝い下さる認知症サポーターの方も募集しています。
カフェの名前『こぶし』は新座市の花で、「信頼・友愛・友情」という花言葉があります。認知症になっても自分らしく暮らせる優しい街づくりの一助となればとの想いで行っています。詳しくは新着情報をご覧ください。