当院ならではの特徴

 

ADLの確立に向けて

 
リスク管理を行いながら、できる限り早期に立位・歩行練習を行い、離床を図っていきます。

 
運動麻痺の改善のため、電気刺激療法を併用した運動療法も積極的に行っています。

 
病前から行われていた、セルフケア獲得に向けて介入しています。

 
できるかぎり早期の経口摂取開始と、コミュニケーション方法の確立を目指します。
また、嚥下機能評価として、状態に合わせてVF(嚥下造影)検査を実施しています。

 
多職種によるカンファレンスを実施し、情報の共有を図り、早期からのチームアプローチを実施しています。

 

自宅での生活に向けて

 
自宅での生活行為に応じた介入を行っています。

 
自宅生活に必要な、言語や高次脳機能の獲得を目指し、基礎的なリハビリテーションと共にメモリーノートなど代償手段の導入も行います。

 

復職に向けて

 
必要に応じて、筋力練習、持久力練習も行います。

 
OT・STでは職場復帰に向けて、外部機関と連携しながら、高次脳機能・言語機能の評価と練習を行います。

 

外来での言語リハビリテーション

 
社会参加や復職に向けた、失語症や高次脳機能、発音の練習を実施しています。