診療科のご紹介

お問い合わせフォーム

 
 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 診療科のご紹介 »  婦人科

診療科のご紹介

婦人科

>> 医師紹介  >> 外来担当医


診療内容

婦人科全般(子宮筋腫・子宮内膜症・子宮脱・膣炎など)、更年期障害、子宮がん検診、卵巣がん検診、思春期外来など


 

診療の特色

※ 婦人科全般にわたり診察し、スタッフと患者さまとのインフォームドコンセントを重視した検査・治療を行い、近隣の病院、医院などと連携を保ち、常日頃より患者さまのニーズに合った医療を心掛けております。


 

主な検査

超音波断層図放射線被爆の恐れがなく、リアルタイムで断層画像が得られるため、婦人科領域をはじめ胸腹部など、全身の検査に幅広く対応が可能。
細胞診検査中腔臓器(子宮、膀胱など)からの、また体腔よりの剥離細胞や腫瘤に直接穿刺し、悪性腫瘍などのスクリーニグや診断、及び治療効果の判定に用いております。
MRI(磁気共鳴映像)被爆の心配もなく、各種の病変を詳細に把握し、診断することができます。
CTスキャン3次元(3D)画像を採用し、立体的にかつ詳細に表すことができます。
その他血液検査、レントゲンなど


主な外来・治療方法

手術療法良性疾患
子宮筋腫、子宮内膜症・子宮腺筋症、卵巣嚢腫、子宮脱・膣脱、婦人科感染症などの診断および治療を行っております。
婦人科悪性疾患
初期がんの診断および治療を行っております。
その他の疾患
月経異常、月経異常を伴う内分泌疾患、月経前症候群、一般不妊症、更年期障害、閉経後脂質異常症・骨粗鬆症などの診断および治療を行っております。
細胞診外来子宮頸部の異常細胞診の2、3次検診として組織検査、治療目的としての子宮頸部・膣部切除術を実施するとともに、各症例のフォローアップを行っております。
ホルモン補充外来現代の高齢化に伴い、更年期障害、骨粗鬆症なども増え、更年期における生活習慣の改善を目的に、更年期指数を中心とした問診をもとに、ホルモン測定、脂質代謝、Ca代謝、DEXA法による骨密度測定を行い、その結果によりHRTを中心とし、それぞれの患者さまに合った治療法を相談し、行っております。