診療科のご紹介

お問い合わせフォーム

 
 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 診療科のご紹介 »  整形外科

診療科のご紹介

整形外科

>> 医師紹介  >> 外来担当医 
 

診療内容

※ 外傷(骨折、靭帯断裂、腱断裂など)の診断・治療
※ 変性疾患(変形性関節症、関節リウマチ、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎など)の診断・治療


 

診療の特色

整形外科全般にわたり、中核病院としての検査・治療を行い、周囲の医院・病院・昭和大学病院および他の大学病院と常に連携をとり、患者様のご要望に沿った医療を目指しております。
 

※ 専門外来脊椎外来(第3週土曜日午後・予約制)
 人工関節・リウマチ外来(予約制)
(月曜日午前・月曜日午後・火曜日午後・土曜日午前)
 

 

主な検査・医療設備

MRI
(磁気共鳴映像)
被爆することなく、脊椎病変、関節内病変を詳細に把握することが可能です。
三次元CTスキャン関節内病変を立体的にかつ詳細に描出することが可能です。
DEXA
(二重エネルギーX線吸収測定法)
全身任意の部位での骨塩(骨密度)を測定することが可能です。
リハビリテーション理学療法士による適切な機能回復、消炎鎮痛を行っています。
関節鏡検査関節内疾患を内視鏡で検査・手術することが可能です。


主な疾患

外傷一般脱臼、靭帯損傷、腱断裂に対しては、24時間整形外科医が常駐 しており、適切な処置を行います。
関節リウマチ朝の手のこわばり、関節痛(主に手・指)、関節の腫れが見られます。諸検査の後に早期に抗リウマチ薬の投与が重要となります。進行した場合には外科的手術も行っております。
関節の変性疾患肩関節周囲炎、変形性関節症が多い疾患ですが、リハビリテーション、注射療法を主体として行い、変形性関節症で症状の強い場合には手術も可能です。
脊髄疾患変形脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症などが代表的な疾患です。リハビリテーション、装具の作成、ブロック治療、手術などを行っております。