診療科のご紹介

お問い合わせフォーム

 
 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 診療科のご紹介 »  呼吸器外科  »  自家蛍光気管支鏡検査

診療科のご紹介

呼吸器外科

自家蛍光気管支鏡検査

自家蛍光気管支鏡検査とは

正常気管支は450nmの(青色領域)波長光で励起すると、520nm程度の(緑色領域)波長を有する自家蛍光を発しています。しかしがん病巣や異型病変での自家蛍光は有意に減弱しています。この自家蛍光の差を観察して病変を診断するものです。

●利点・・・早期がん(中心型早期肺がん)の発見、進展範囲の診断に有用。

●欠点・・・病変の深達度、すなわち「病変の深さ」を判断できない。

 

早期肺がん
白色(通常の)気管支鏡自家蛍光気管支鏡


自家蛍光気管支鏡(PENTAX SAFE-3000)