診療科のご紹介

お問い合わせフォーム

 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 診療科のご紹介 »  循環器内科

診療科のご紹介

循環器内科

>> 医師紹介  >> 外来担当医

 

診療内容

 心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患や不整脈、心筋症、心臓弁膜症、心不全などの心疾患及び高血圧症、血管疾患、動脈硬化症などの診断・治療を行っております。

 外来検査として、主として心臓を中心に診断する心エコー図、運動負荷心電図、ホルター心電図、64列CTを用いた冠動脈CT、心臓MRIなどがあります。また、動脈硬化の検査としては、頸動脈エコー図、脈波速度などがあります。
 入院検査として、心臓カテーテル検査などを行っており、治療としては冠動脈カテーテルインターベンション(バルーン拡張術やステント留置術)、ペースメーカー植込み術などを行っております。

 入院診療は、循環器内科専門病棟として24床を有しております。6床のCCU(急性心筋梗塞などの重症心疾患のための集中治療室)があり、重症心疾患の心臓治療はもとより、全身管理を行っております。               
 

診療の特色

 急性心筋梗塞などの循環器救急医療に対応するため、CCUを併設した循環器内科専門病棟を有しております。また、血管造影室では最新の血管造影装置や血管内超音波診断装置を導入し、冠動脈カテーテルインターベンションを行っております。

 高レベルの医療・診断・治療はもとより、365日24時間循環器疾患に対応するべく、現在常勤医師6名体制で診療・治療にあたっております。