病院のご案内

お問い合わせフォーム

 
 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 病院のご案内 »  医療機器の紹介  »  結石破砕装置

病院のご案内

医療機器の紹介

結石破砕装置

 
結石破砕装置
ドルニエ・メドテック・ジャパン社

当院では、結石破砕装置MFL‐5000を導入しており、可能な限りメスを入れずに非観血結石治療を希望される患者さまのニーズにお応えする体制をとっております。衝撃波は従来の温水槽に代わり水充填式クッション内で電極にスパークを生じさせることにより発生します。特にX線を搭載したMFL-5000を採用することにより従来の超音波では不適合とされた尿管結石にも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

尿路結石とは?

腎臓から尿管・膀胱・尿道に至る尿の通り路に結石ができる病気で、食生活の欧米化にともない増加しています。結石が尿とともに スムーズに流れ、自然に排出されれば問題はありませんが、腎臓や尿管にとどまると、腰やお腹の激しい痛み・血尿などを起こすことがあります。放っておくと腎臓の機能が低下する場合もあります。


体を切らず・痛めず、結石だけ砕く体外衝撃波結石破砕術(ESWL)とは?

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は、音波の一種である衝撃波を体の外から結石に向けて照射し、筋肉や他の臓器を傷つけることなく、結石のみを細かく破砕する最新治療法です。砂状に破砕された結石は尿と共に自然に体外に排出されます。排出までの時間は患者さんによって異なりますが、多くは数日から1~2週間程度です。副作用や後遺症も少なく、現在では結石治療の第一選択肢となっています。


治療の特徴

1. 体に傷がつきません。
2. 治療時間は短く1時間以内で終わります。
3. 副作用・後遺症が少ない。
4. 入院期間が短く、退院後すぐに日常生活・職場への復帰が可能。
5. 高齢の方や、他に病気のある方(高血圧・糖尿病など)でも
安心して受けられます。
6. 再発の場合の治療法としても最適です。

結石の位置や大きさによっては、治療の前後に、
泌尿器科的処置法を併用する場合があります。

われわれの日常生活の中で衝撃波を経験するのは、夏の夜空に打ち上げられる花火が爆発する時の大きなものから、コップにビールやサイダー等をついだ際の小さい気泡が弾けるものまで非常に多岐にわたっています。ドルニエ社では、この衝撃波エネルギーの有効利用に早くから着目し、衝撃波発生源の研究を重ねていました。当初は、鉄製の水槽に銃弾を当てるなどして衝撃波を発生させていましたが、そのうち水中で電極放電させると、電極の周囲で衝撃波が発生することがわかりました。電極放電で発生した衝撃波は、放射状に広がっていきます。これを集中させるに半楕円形の器を使用します。