医療関係者の方へ

お問い合わせフォーム

 
 各種検診 ・ 健康診断 ・人間ドックに関するお問い合わせ
夜間休日救急診療のご案内
相談事はこちらへ
交通アクセス
 
HOME » 医療関係者の方へ »  開放型病院への登録

医療関係者の方へ

開放型病院への登録

開放型病院への登録のお願い

開放型病院は、地域の先生方に病院の施設・設備を開放した病院のことをいいます。開放型病院の利用は、地域の医療機関が連携を深めることで、医療機関単独の自己完結型の医療から医療機関相互の連携による地域完結型への診療が可能になります。

かかりつけ医の先生方から紹介を受けた患者さまにとっても、かかりつけの先生方と開放型病院の医師が協力して入院から退院までの一貫した診療を行うことで、今まで以上に継続的な安心できる医療を受けることが可能になることと思います。事実、患者さまから、かかりつけ医の先生方が診察にこられることは好評を得ています。

当院では、地域医療機関との医療連携の強化と効率的な運用を図るため、当院では専用病床を6床用意しております。また、共同診療の実施及び諸検査の受入を積極的に行っております。これにより、今まで一方通行になっていた医療を双方向の医療とし、紹介元と当院の連携が生み出すメリットを最大限に生かすことができると思います。現在、開放型病院に参加していただける医療機関を募集しております。
 
新座志木中央総合病院開放型病院運営規定
新座志木中央総合病院の施設は、地域の医師に等しく開かれたものとして、病院はその診療上の利用に便宜を図ることを義務とし、地域における診療所医師と病院との連携の円滑化、地域医療の一層の充実を期するものとする。
(登録医師)
(1)
(2)
(3)
(4)

地域の診療所医師は、登録により新座志木中央総合病院(以下、病院)登録医となることができる。

登録医は、自分が紹介入院せしめた患者を、病院において診療し、カルテおよび検査データーを参照し、所見および治療上の意見をカルテに記入する権限を有する。
登録医は、来院時に所定の名札、白衣を着用する。
登録医は、ナースステーションにおいて、紹介患者を診察した旨を所定の用紙に記入する。

(病 院)
(5)


(6)
(7)

(8)
 病院は、開放型病院専用病床を6床設ける。
(開放型病床は、新館3階312号室、新館4階412号室、新館5階502号室、新館6階606号室、新館7階706号室、本館3階207号室の各1床とする)
病院は、開放型病院であることを患者に公示し、趣旨説明および登録医師の掲示を行う。
病院は、紹介入院患者の医療責任を有する。登録医が病院において紹介患者に対し手術等の治療および検査を行う場合、その責任範囲等については病院と個別に取り決める。
病院は、開放型の運用の担当者を置く。

ご登録医・開放型病院についての詳しいご説明をご希望の場合は、下記までご連絡いただければ、
ご説明にお伺いさせていただきます。

地域医療連携室  小林 英樹(コバヤシ ヒデキ) 大林 安子(オオバヤシ ヤスコ) 
加藤 しのぶ(カトウ シノブ) 砂田 義男(スナダ ヨシオ) 風祭 祐美(カザマツリ ヒロミ)

直通電話:048-486-6016(FAX兼用) 病院代表:048-474-7211 (内線 502 510 799 764 848)
E-mail :renkei@niizashiki-hp.jp
受付時間:平 日 8:30~17:00 土曜日 8:30~13:00